目標を常に持つことが大事です。

目標という言葉はとても大切で何か目標が無ければ自分たちは努力をすることをしないことがあるかも知れません。
モチベーションを持続させることを考えていけば自ずと最初に目標を掲げなければならないことが分かってくると思います。
特に英語においては重要で、何かをするときに目標が無ければ進むことができないことだって出てくるかも知れないのです。
自分はどれほど上達をしたいのかを最初に考え自分のレベルに合った目標を選択します。
ここで大きい目標を掲げて何年か掛けて達成をすることも可能ですが、英語に関しては自分でできる範囲内で少しずつ目標を細分化した方が達成感を感じることができるようになります。
特に継続をさせることを一番に考えるとなると、目標は大きいものより小さいものの方が良いと考えられます。
英語をどれくらいできるようになりたいかによるかも知れませんが、あまり難しく考え過ぎますとかえって効率が悪くなってしまうことも多くなると思いますので、中学レベルの英語をマスターするなどと言う目標を決めて取り組んで見ましょう。
簡単な英会話が喋れる程度であれば中学校レベルの英語力を身につけるだけで英語はできるようになりますが、ビジネス英語を学ぶのであれば高校や大学レベルの英語力が必要となってきますので難しくなります。
そして必ず人と比較をして自分は英語ができない人間などと考えこむことは辞めてください。
英語を覚えるのには時間と労力がどうしても必要となってきますし、社会人であればなおさら英語に使う時間を割くことは難しくなってきます。
専門家でも英語を完璧に使いこなすことが出来るようになるには数十年掛かると言われているくらいです。
長い目を見て目標を設定し少しずつ達成することにより達成感を味わいながら楽しく英語を学んでいけるようになりたいところです。